御神札額(おふだがく)のご紹介。

皆様、初詣へは行かれたでしょうか。
お札を頂き、神棚がない場合、こまったことはないでしょうか。
私、鈴木尚和は、そのお札を納める「御神札額」(おふだがく)をデザインし、つくりたいと思いました。
もちろん最初は、自分用にと思いましたが、評判が良かったので展開をはじめました。
国産桧にこだわり、銀座伊東屋さん地下一階フレームコーナーで展示&販売しております。