代々木上原の「三日月オブジェ」製作

小島建一さん設計のcrescent courtのオブジェです。
SNS投稿があったので、嬉しくなってご紹介させて頂きます。
独立したての頃、オブジェ制作の声を掛けて頂き、私、鈴木尚和にチャンスをくれました。
当時はcrescent courtの中庭にありましたが、皆さんに見てもらいたいとオーナーの計らいで前面に設置し直して頂きました。
土台のコンクリートをノミでハツっていた時、現場監督が、カチカチだから身がもたないよ!と言って電動ハツリ機を貸してくれました。
まるで機関銃のようないでたちと重さ、そして振動!ゴーグルとマスクをしても、鼻の中は真っ黒。お陰で電動ハツリ機の使い方も覚え、何しろ時間短縮。最後にノミで整えたのを覚えてます。
オブジェは、すでにThemaは月。二枚のステンレスと一枚の錆鉄の三枚構成の三日月と洒落込みました。今も綺麗に使って頂き嬉しく思います。

建物crescent courtの名前の由来は、私が三日月のオブシェ製作したのがキッカケになったと聞いて尚嬉しく思います。