京都、修復中の東寺を訪問致しました。

あるプロジェクトのため、修復中の東寺を調査&見学させて頂きました。

長い時間を掛けて、ご案内して頂いた菅澤先生には、お礼を申し上げます。

 

東寺、五重塔、最上部にて。めったに登れません。

 

 

東寺、五重塔を東門方面よりの眺め

 

 

東寺、五重塔の内部です。真ん中の主柱です。中は真っ暗です。

 

 

東寺、五重塔の内部です。下を覗くとこんな感じです。足を踏み外すと、一階まで落ちてしまいます。内部の構造が良く理解出来ます。

 

 

東寺、五重塔、屋根一段目の軒下で支えている「おに」たちです。四カ所それぞれ表情が違い、ユニークな表情を魅せます。足場がなければ、こんな近くでは見れません。

 

 

東寺、五重塔関係の調査の図面です。なんと菅澤先生は多種のからす口を使って書かれています。私もからす口を使ったのは大学時代以来でいたく感動してしまいました。東寺の図面、そりなどのライン、コンピューターの圴一なラインでは描けないとおっしゃってました。凄い熱の入れようです。