石巻にてミニ聖火台に点火式!

2017年7月22日

宮城県石巻にて、リレー出発地をぜひ石巻から!をアピールする点灯式があり、一部、子供達のつくったバイオメタンも点灯式に使われました。
今回は、宮城県の石巻の小学生、加美町鳴瀬小学校6年生、福島県の南相馬原町高校サイエンスクラブ、東京都の品川区山中小学校おやこえこくらぶ、神奈川県の関東学院高校のみなさんがつくってくれたバイオメタンを使用し、ミニ聖火台に点灯しました。
そのミニ聖火台を、私、鈴木尚和がデザイン&制作をさせて頂きました。
東北大准教授多田千佳さんと取り組んでるプロジェクトです。
点火式は、石巻専修大学の女子長走部のみなさんがランナーとなりトーチで炎を運んできました。
まず最初に、こどもたちのバイオメタンでミニ聖火台を点灯し、その後、大きな聖火台に炎をつけました。
生ゴミから生まれるメタンガス、循環型エネルギーを考える良い機会になったのではないでしょうか。
関係者の皆様、ありがとうございます又お疲れ様でした。
下記:多田千佳准教授談
今度は、秋にもう一度、炎を灯す点灯式のチャンスを得たので!!ぜひ、この夏休みに、より多くの子供たちに炎作りに参加してもらいたい!!です。全国の呼びかけ人の方々に、夏休みに、ぜひ体験学習開催のご協力をお願いしたいです。